“緋地”の読み方と例文
読み方割合
ひじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
背後に立ったのが、朝参婀娜たる美人で、罪もなく莞爾々々しながら、繻子の不断帯の間から、りと懐紙に包んだ紙入を抜いて取り、に拡げて緋地襤褸錦の紙入を開いた中から
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)