“ひぢ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヒヂ
語句割合
38.5%
36.5%
14.4%
10.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
裾野き、小松原れて、夕暮富士山白妙ぐなる前髮夫人あり。る。
婦人十一題 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
それからはつと思つて気が附いて見ますと、磯貝さんはいつの間にかデスクにを持たせて、何か書いて入らつしやるのでございます。
魔睡 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
媼は痩せたるさし伸べて、洞門をへる蔦蘿の如くなるを推し開くに、外面は暗夜なりき。濕りたる濃き霧は四方の山岳をれり。
『大御田のみなわももかきたれてとるやさ苗は我が君の爲』
愛国百人一首に関連して (旧字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)