浮世絵の鑑賞うきよえのかんしょう
我邦現代における西洋文明模倣の状況を窺ひ見るに、都市の改築を始めとして家屋什器庭園衣服に到るまで時代の趣味一般の趨勢に徴して、転た余をして日本文華の末路を悲しましむるものあり。 余かつて仏国より帰来りし頃、たまたま芝霊廟の門前に立てる明治政 …
作品に特徴的な語句
ちぢら つぶ じゅう とど 頭髪とうはつ うた 有情ゆうじょう さなが ことな なつか もと 両脚りょうきゃく くわだ よこたわ ぼう しゅ 見知けんち 夕陽せきよう 旋律メロディ おのず くれない まさ あわ すべ わか つと 郷国きょうこく はるか ひそ すか いざな しるし した あした 行燈あんどう 墨色ぼくしょく 草木そうもく 狩野かの 奈何いか おのずか えが 掛物かげもの 家居かきょ あた かん ことごと 山路やまじ はず 看破かんぱ 真正しんせい 緑色りょくしょく 眠気ねむげ まなこ 私語ささやき ひそか のち いたずら ちょう 老杉ろうさん 汚辱おじょく なんじ 油画あぶらえ 波間なみま 泰西たいせい 洒脱しゃだつ 浅間あさま 清長きよなが わた 渾然こんぜん したた 濫伐らんばつ 濫出らんしゅつ 濶歩かっぽ 火影ほかげ 無聊ぶりょう しか 焼鏝やきごて 燦然さんぜん 猜疑さいぎ 生血なまち 町人ちょうにん とど 疲弊ひへい 相結あいむす うかが 箪笥たんす 遠島えんとう さえぎ 都門ともん