雨の山吹あめのやまぶき
母の病間をみまってから兄の部屋へゆくと、兄も寝床の上で医者と話していた。医者はすぐに帰り、兄は横になった。 「どうなさいました」 「ちょっと胃のぐあいが悪いんだ」兵庫は眉をしかめた、「——四五日よく眠れなかったところへ、いやな事が起こって、 …
作品に特徴的な語句
うつ つか 井波いば とき きま 宿しゅく つつ つか 松任まつとう 浅間せんげん 疑惧ぎく あつ 不憫ふびん 乞食こじき 二俣ふたまた 仔細しさい おっ しの ところ いたわ 動木ゆるぎき ひる 卑怯ひきょう かえ 参覲さんきん つぶや 哀憐あいれん そそ すす 宛名あてな 小舘こだて とが わか かば 彎曲わんきょく かす 恢復かいふく ゆっ 悪戯いたずら 愛嬌あいきょう たし こぶし 拳骨げんこつ こしら おお そろ 早退はやび たか しばら 松籟しょうらい 枕許まくらもと 柊屋ひいらぎや 櫛笄くしこうがい 此処ここ 死躰したい みぎわ 汝生なお あわ 温和おとな 溜息ためいき 溺死できし 狼狽ろうばい しわ 目笊めざる 相模さがみ 碧色あおいろ まれ かせ 立場たてば 竿さお 粟津あわづ かゆ すが 縹緻きりょう 罵倒ばとう もろ ひざ 良人おっと つや 花鋏はなばさみ 茣蓙ござ 草鞋わらじ あきら たと 貴方あなた からだ 遠江とおとうみ