目羅博士の不思議な犯罪めらはかせのふしぎなはんざい
私は探偵小説の筋を考える為に、方々をぶらつくことがあるが、東京を離れない場合は、大抵行先が極っている。浅草公園、花やしき、上野の博物館、同じく動物園、隅田川の乗合蒸汽、両国の国技館。(あの丸屋根が往年のパノラマ館を聯想させ、私をひきつける) …
作品に特徴的な語句
あき あい たっ おそろ ただち ぐらい たと じょう ぜん ひっ あるい けん あらかじ つと あやう 唐突とうとつ すくな はば 幾度いくど やす こわ ひま 曲物くせもの きま 深山しんざん ため はな にぎや かん 一寸ちょっと 丁度ちょうど 上野うえの 下道したみち 両国りょうごく まる たがい 人死ひとじに 人気ひとけ 仕草しぐさ ほか 伏在ふくざい たたず 低廉ていれん 何故なぜ しか おれ かさ 催促さいそく わず まった その うち 刹那せつな 博士はかせ すなわ 合槌あいづち 向側むこうがわ くちびる うわさ ささや 土産みやげ ほか おお 大抵たいてい 大阪おおさか 奏効そうこう やつ 如何いか あや 存分ぞんぶん 安閑あんかん むし 寸分すんぶん 対手あいて けわ 工夫くふう 工風くふう まぼろし かす 度毎たびごと まわ 待遠まちどお おこた 恰好かっこう 慇勲いんぎん 所謂いわゆる