縛られたあひるしばられたあひる
流れの辺りに、三本のぶなの木が立っていました。冬の間、枝についた枯れ葉を北風にさらさらと鳴らしつづけていました。他の木立はすべて静かな眠りに就いていたのに、このぶなの木だけは、独り唄をうたっていたのです。 ここからは、遠い町の燈火がちらちら …
作品に特徴的な語句
じろ ほと づつ ぽう きらめ うえ むら 頭髪とうはつ ぼん 周囲しゅうい 快楽かいらく なさ ごと たず きず ともしび かぞ がた おとしい あぶ ぼし きゅう むす かれ おろ はら くる ぬす えが ごと 大風おおかぜ あたら ほう よる そと ごえ にち 生活せいかつ たんぼ あか すか 明日あした 麦圃むぎばたけ 燈火あかり ぐち けむり やみ 去年きょねん あいだ なか 消息しょうそく かみなり ぽん しず はい おと さき 満々まんまん あたま からだ あお 火事かじ くろ なが あか こた ひた はし きよ 窮地きゅうち みなと そら あな わたし やぶ 満足まんぞく 用意ようい 無考むかんが