小さな金色の翼ちいさなこんじきのつばさ
彼らの群れから離れて、一羽の小鳥が空を飛んでいますと、いつしか、ひどい風になってきました。そして、小鳥は、いくら努力をしましても、その風のために吹き飛ばされてしまいました。 空には、雲が乱れていました。方角もわからなくなってしまいました。小 …
作品に特徴的な語句
なお がっ きらめ うえ 最初さいしょ たたか むら きず 機会きかい 呼吸こきゅう 暴風ぼうふう 昨夜さくや みと おだ 波頭はとう 三日みっか どり なか あたた からだ かたむ あたま おと しず つめ やわ あいだ 過去かこ そと よる 天地てんち うば むすめ あか はな 目当めあ にち 旅路たびじ 帆船ほぶね 希望きぼう くる つよ かれ のち きゅう はな うみ 海岸かいがん ふか わた 無事ぶじ 燈台とうだい 燈火ともしび 物語ものがた くる ひと たけ 異様いよう つか しろ 真下ました ねむ やぶ わたし そら 突進とっしん まど あか むらさき なが あめ はな かく 陸地りくち やみ かがや