警察署長けいさつしょちょう
ニコリフスクに恐ろしい殺戮の起った時分のことであった。そのニコリフスクから五六里離れた村に過激派のクラネクと云う警察署長がいた。 彼はある日事務室にいて己が某命をふくめて外へやった部下の帰って来るのを …