警察署長けいさつしょちょう
ニコリフスクに恐ろしい殺戮の起った時分のことであった。そのニコリフスクから五六里離れた村に過激派のクラネクと云う警察署長がいた。 彼はある日事務室にいて己が某命をふくめて外へやった部下の帰って来るのを待っていた。それは浦塩から来て雑貨商を営 …
作品に特徴的な語句
ひややか どま ざま だち しっ もの とど 何人たれ じぶん つかま むすめ うしろ かえりみ 退 つらな さき 双手りょうて かつ 左端ひだりはし たちまち さぐ ななめ 浦塩うらじお てら けだもの 眼前めさき おっ よい 両肱りょうひじ 主翁ていしゅ 仰向あおむ まる もた こう 周囲まわり あざけ 嘲笑あざわら いなな 地位みぶん 塵埃ほこり わか おんな 妻室かない 媾曳あいびき 嫉妬しっと いや よろ 客室きゃくま へや 対手あいて 尼港にこう 左寄ひだりより あと 微暗うすぐら もだ いただ ドア 捻向ねじむ つか 支那しな はな 木立こだち まつ 某命あるめい 椅子いす もみ かば 殺戮さつりく 水際みずぎわ しず みだ 準備したく ようや 灌木かんぼく 狂人きちがい きつね 猿轡さるぐつわ びん 白樺しらかば みは ねむ 硝子ガラス 細君さいくん 聯隊れんたい