チビの魂チビのたましい
彼女も亦人並みに——或ひはそれ以上に本能的な母性愛をもつてゐた。間歇的ではあつたが、五年も六年も商売をしてゐたお蔭で、妊娠の可能率が少ないだけに、尚更ら何か奇蹟のやうに思へる人の妊娠が羨ましかつたり、子持の女が、子をもつた経験のないものには …
作品に特徴的な語句
ぴつた あたい いぢ かた どつち 饒舌しやべり こだ はづ 可憐いぢら そつ いぢ 鼻梁びりやう 洗滌せんでう にはか かへ やつこ 尚更なほさ はふ かゝ ぎよく なほ いぢ ちつ 吩咐いひつ 居周ゐまは いたづ 微笑ほゝゑ こは 悉皆すつかり 悪戯いたづら 抑揚めりはり つかま がら ごふ もぐ 臭気にほひ かさ はしや 較々ほゞ 退 鯛焼たひやき うつむ 億劫おくくふ まう 先刻さつき 外方そつぽ 屹度きつと 幾許いくら 復習さら 微塵みぢん 愛嬌あいけう なつ 振顧ふりかへ 揶揄からか そこな 教鞭けうべん かな 智慧ちゑ きう 為体えたい 熟柿じゆくし 田舎ゐなか 真平まつぴら 矯正けうせい 笑談ぜうだん 紛紜いざこざ 腎臓じんざう ぐすり 蝶子てふこ ぶた かよ かへ ひま 頑張ぐわんば 頬杖ほゝづゑ 餉台ちやぶだい どんぶり 乱次だらし また 何処どこ 何方どちら 余所よそ 冷飯ひやめし