冬の王ふゆのおう
このデネマルクという国は実に美しい。言語には晴々しい北国の音響があって、異様に聞える。人種も異様である。驚く程純血で、髪の毛は苧のような色か、または黄金色に光り、肌は雪のように白く、体は鞭のようにすらりとしている。それに海近く棲んでいる人種 …
作品に特徴的な語句
そら あやまち おとし おそ じつ 朝食あさしょく 浮木うきき くう かく うづくま ちょう 故郷こきょう 海象かいぞう みぎわ かご かがや かみ かんむり 分疏いいわけ 午前ごぜん たく よる いえ おれ ひさし のち つや 海辺かいへん ともしび はた 蔓草つるぐさ わび へん あいだ にわとり 中々なかなか 中隆なかだか 中音ちゅうおん 乞食こじき 人世じんせい 俯向うつむ 倐忽たちまち そば 傲然ごうぜん 僻遠へきえん 冥想めいそう 出張でば 出逢であ 動悸どうき 北国ほっこく 匾額へんがく 古卓ふるづくえ たた 名告なの くちばし 噂話うわさばなし 地極ちきょく すわ うず さかい つぼ ほか 太子たいし 奴僕ぬぼく ごと 如何いか おど うち 寝台ねだい 小家こいえ しり 工合ぐあい 干場ほしば まわ もてあそ つる あと かす 憂鬱ゆううつ 扁額へんがく 折伏しゃくぶく