吊籠と月光とつるべとげっこうと
僕は、哲学と芸術の分岐点に衝突して自由を欠いた頭を持てあました。息苦しく悩ましく、砂漠に道を失ったまま、ただぼんやりと空を眺めているより他に始末のない姿を保ち続けていた。 いつの頃からか僕は、自己を三個の個性に分けて、それらの人物を架空世界 …
作品に特徴的な語句
つぶや 怪物メジューサ 感情アフェクテ うわ 祝着マイワイ 饒舌おしゃべり あか かたわ とば はら 酌婦ウエートレス 輝々こうごう 祝着マイハイ はず まろ おだ 吃驚びっく かろ かか はず かわ 雀躍こおど くだ 爽々すがすが 釣籠つるべ 吊籠エレベーター 向方むこう 目醒めざま たが おぼ つむ 嘲笑ちょうしょう たず なり あた たび かん めぐ 莫迦ばか ふち たた あふ 滑稽こっけい 炉傍ろばた 点頭うなず ほのお 焚火たきび 牛蒡ごぼう 牡丹ぼたん 物差ものさし ねぎら うつつ 真似まね 眼眥めじり 眼醒めざ 碌々ろくろく 神楽かぐら まれ 稽古けいこ そら やつ うかが こも 納屋なや から くま 遣場やりば 遣瀬やるせ はる 遵奉じゅんぽう ひど かぎ 鍾馗しょうき のみ 闇夜やみよ しき 鬱屈うっくつ ため ひるがえ 颯爽さっそう 頂戴ちょうだい あら むち 軽蔑けいべつ ころ あご