外科室げかしつ
実は好奇心のゆえに、しかれども予は予が画師たるを利器として、ともかくも口実を設けつつ、予と兄弟もただならざる医学士高峰をしいて、某の日東京府下の一病院において、渠が刀を下すべき、貴船伯爵夫人の手術をば予をして見せしむることを余儀なくしたり。 …
作品に特徴的な語句
なお ある 醜婦すべった 微笑えみ かぶり 一言こと かん それ しっ 一個いっこ 三個みたり 足下そこ ことば 先刻さき 背向そがい おく 一時ひととき 全快なお 紛紜ふんぬん セコンド ひら まばゆ しわぶき きわ ゆが 夫人おくさま 御寝げし 歩行あるき こうべ おとがい 跫音きょうおん 貴船きふね ひょう うご 腕車わんしゃ かいな まと いら わたくし みひら まなこ はや 猶予ためら しか よご おそ さしはさ 寂然せきぜん ひい 一個ひとり 危険けんのん おごそ とう 夫人ふじん 商人あきゅうど 今日きょう きぬ 血汐ちしお うじ ふじ おお 蓄髯ちくぜん 蒼白あおじろ 蒼然そうぜん にな 草履ぞうり 芥塵ごみ 良人おっと ひざ 腰懸こしか かざ 鬱蓊うつおう むしろ かぞ いた あや 綾羅りょうら すが めぐ そむ りん 脱兎だっと 脣辺しんぺん くちびる はら はだ 凄冷せいれい