空襲警報くうしゅうけいほう
日本海の夕日 大きな夕日は、きょうも日本海の西の空に落ちかかった。うねりの出て来た海上は、どこもここもキラキラと金色に輝いていた。 「美しいなあ!」 旗男少年は、得意の立泳をつづけながら、夕日に向かって挙手の礼をささげた。こんな入日を見るよ …
作品に特徴的な語句
おおい いっ 申分もうしわけ おもい 火炎かえん におい せい さわぎ 幼児こども さいわ かか あて ねらい そろい 果敢かかん うなり いっ たまもの 義兄にい おび 弟妹ていまい 縦横じゅうおう 芥子からし 帯革おびかわ きれ いくさ すい まか 立泳たちおよぎ 大身おおみ 撒布さっぷ 夜更よふけ 空籠あきかご ほう 見懸みかけ ななめ だれ 赤子せきし 唸音うなりおと すみや のろい やみ 眼張めばり 灯火あかり つかれ にわ とま きれ キログラム なぎさ ちゅう 頬被ほおかぶり はら 黒白あやめ 火蓋ひぶた 義兄あに かん 繃帯ほうたい 炸裂さくれつ しま 爾後じご 紫布むらさきぎれ 牧山まきやま ねら 紙入かみいれ ひも のり 粉砕ふんさい 申分もうしぶん ねむ 着剣つけけん にら まゆ 濛々もうもう 破鐘われがね 磯吉いそきち 神崎かんざき 疾走しっそう 空壜あきびん 空家あきや 畦道あぜみち けもの しの はし はず 窓框まどわく 猿股さるまた 生命いのち 田口たぐち