二十世紀旗手にじゅっせいききしゅ
序唱神の焔の苛烈を知れ 苦悩たかきが故に尊からず。これでもか、これでもか、生垣へだてたる立葵の二株、おたがい、高い、高い、ときそって伸びて、伸びて、ひょろひょろ、いじけた花の二、三輪、あかき色の華美を誇りし昔わすれ顔、黒くしなびた花弁の皺も …
作品に特徴的な語句
おわ 省略カット へり 髑髏されこうべ かつ 何卒なにとぞ 含羞がんしゅう 園生そのう 木枯こがら 歔欷きょき えん 七夕たなばた 三伏さんぷく 三徳さんとく 今生こんじょう 傲慢ごうまん 冥途めいど 凝然ぎょうぜん 刹那せつな 匆々そうそう 取敢とりあ つぶや おし 土産みやげ 執拗しつよう 大頭おおあたま 奇蹟きせき 奴婢ぬひ 嫋々じょうじょう 寸分すんぶん 峻厳しゅんげん ちまた 形貌けいぼう 微笑ほほえ 怒濤どとう うら 愚昧ぐまい 愛嬌あいきょう てい 慟哭どうこく 憤怒ふんぬ 手折たお 拝誦はいしょう 指呼しこ 既往きおう 早死はやじに 明石あかし いわ 木霊こだま 浴衣ゆかた 海容かいよう 溜息ためいき 溺死できし 漸減ぜんげん ほり ほのお 爾余じよ 狡智こうち 狼狽ろうばい はなは 甲羅こうら 痩狗そうく しわ 眉間みけん 真似まね 真鍮しんちゅう またた ひとみ 稽古けいこ 立葵たちあおい しの みの 老婢ろうひ 胴乱どうらん 苛烈かれつ 草鞋わらじ すさ 菅笠すげがさ 萱野かやの がま つた 薔薇ばら 藪蚊やぶか 蘭童らんどう 蚊帳かや 蜻蛉とんぼ 蝙蝠こうもり 衆生しゅじょう 行李こうり はかま ふすま のぞ