“早死”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はやじに87.5%
わかじに12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“早死”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
わが家の悪癖、かならず亭主が早死はやじにして、一時は、曾祖母、祖母、母、叔母、と四人の後家さんそろって居ました。
二十世紀旗手 (新字新仮名) / 太宰治(著)
「昔は女房子もありましたが、女房も伜も早死はやじにをして、今では私一人殘つてしまひました。いづれは、死ぬまで御當家の御厄介になることでございませう」
「俺の生母はゝのやうに早死わかじにしても憫然かあいさうだが、また比のおふくろのやうになツても氣の毒だ。」とムラムラと同情の念が湧いた。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)