“三徳”の読み方と例文
読み方割合
さんとく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
女にお金を財布ぐるみ渡してしまいましたが、女は、私の豪華な三徳の中をいて、あら、たった一枚? と小声でき、私は身を切られるほど恥かしく思ったのを忘れずに居る。
虚構の春 (新字新仮名) / 太宰治(著)
未だ三徳四曼大虚あきらかならず。
女中部屋ののない赤ちゃけた畳、びんつけ油のにおい、竹の行李の底から恥かしき三徳出して、一枚、二枚とくしゃくしゃの紙幣、わが目前にならべられて与えられたような気がして
二十世紀旗手 (新字新仮名) / 太宰治(著)