どこかに生きながらどこかにいきながら
子ねこは、彼が生まれる前の、母ねこの生活を知ることはできなかったけれど、物心がつくと宿なしの身であって、方々を追われ、人間からいじめつづけられたのでした。母ねこは、子供をある家の破れた物置のすみへ産み落としました。ここで幾日か過ごすうちに、 …
作品に特徴的な語句
ゆい うえ こう 心当こころあ いそ こく 木枯こが 少女しょうじょ つう がた てき むな ゆる 龍巻たつま 彼女かのじょ 骨立ほねだ あた かれ なか 主人しゅじん ちち 老人ろうじん えん はは おと さき しず はい 生活せいかつ いか わか きゅう ひき のぞ 終日しゅうじつ あいだ かさ あか ばこ いえ ほう ごえ へん そと よる 夜明よあ まも あね はな かんが 湿気しっけ 結晶けっしょう 細目ほそめ ほそ はこ わら まど 空腹くうふく 町裏まちうら 満足まんぞく 灰色はいいろ はげ 無事ぶじ 無心むしん 物心ものごころ 物置ものおき 生涯しょうがい 用捨ようしゃ 田圃たんぼ まち あき わたし ほこら やぶ ねむ 畢竟ひっきょう うたが しろ 留守るす