港に着いた黒んぼみなとについたくろんぼ
やっと、十ばかりになったかと思われるほどの、男の子が笛を吹いています。その笛は、ちょうど秋風が、枯れた木の葉を鳴らすように、哀れな音をたてるかと思うと、春のうららかな日に、緑の色の美しい、森の中でなく小鳥の声のように、かわいらしい音をたてて …
作品に特徴的な語句
かお うえ すく ほとり あじ 生温なまあたた おだ ゆび 見下みお たず ことわ がた こく 出入でい 人違ひとちがい たよ 終日しゅうじつ 幾人いくにん ぶか おぼ 容易ようい むすめ あね ほう にち よる 夕風ゆうかぜ 夕暮ゆうぐ かる あか 町々まちまち 酒場バー かさ のぞ おと けむり しず かたむ やわ ひか ひら はい 両親りょうしん きん なか よう うつく みどり つな 絹糸きぬいと ほそ いと こた 用事ようじ ふえ わら そら もう だま 熱心ねっしん 程経ほどへ なみだ ふか 物憂ものう 秋風あきかぜ おう つか 着物きもの めずら うたが