審判しんぱん
誰かがヨーゼフ・Kを誹謗したにちがいなかった。なぜなら、何もわるいことをしなかったのに、ある朝、逮捕されたからである。彼の部屋主グルゥバッハ夫人の料理女は、毎日、朝の八時ごろに朝食を運んでくるのだったが、この日に限ってやってはこなかった。そ …
作品に特徴的な語句
しあわ かお けづめ なぶ 茶碗ぢゃわん うたぐ 庖丁ぼうちょう くう とお 半睡うたたね むち たち こわ とびら 手提てさ 把手とって たず 誘拐ゆうかい ふさ 嘲笑ちょうしょう 箪笥だんす 退 のが から めい かた 厭気いやき 沙汰ざた せば 力倆りきりょう めし あたた みぞ たぐ たよ おい 眼差まなざし 田舎いなか 茶碗ちゃわん 茫然ぼうぜん 花瓶かびん にお 甲冑かっちゅう 界隈かいわい 畏敬いけい 痕跡こんせき 臆面おくめん 臆病おくびょう 臆測おくそく 膝頭ひざがしら ひざ もも 腕白わんぱく わき あし 脇腹わきばら 痙攣けいれん わき 痛風つうふう 脂肪あぶら 胡椒こしょう 背丈せたけ ふと 粗糸あらいと みが 禿 はかり かせ 稽古けいこ 眼尻めじり 眩暈めまい 眉毛まゆげ まゆ 竿さお 薬瓶くすりびん 目深まぶか あら 羞恥しゅうち 痩形やせがた ひじ 白毛しらが 聡明そうめい 耄碌もうろく うらや たらい