廿九日の牡丹餅にじゅうくにちのぼたもち
六月末の新聞にこんな記事が発見された。今年は暑気が強く、悪疫が流行する。これを予防するには、家ごとに赤飯を炊いて食えと言い出した者がある。それが相当に行われて、俄かに赤飯を炊いて疫病よけをする家が少くないという。今日でも東京のまん中で、こん …
作品に特徴的な語句
すげ ごう 湿うる 疫病やくびょう はた いだ 罪科ざいか いや いな 人体じんてい りき 盗人ぬすっと つら 遊芸ゆうげい つか 宿しゅく きたな わざわ 札付ふだつき ちょう かめ とき かよ 町方まちかた 一間ひとま しきい だま 瓦町かわらまち 駄目だめ 粉屋こなや 糯米もちごめ 黄粉きなこ 葭戸よしど 遊山ゆさん 透綾すきや 身装みなり 路用ろよう 診立みた 蛇骨じゃこつ 蔵前くらまえ ひたい 脚気かっけ 重々じゅうじゅう うるう はら 聖天しょうでん はね 霍乱かくらん 午飯ひるめし 夜詣よまい 多寡たか たま 団扇うちわ おど いとな 呪禁まじない 口惜くや うち ひる 千生せんしょう 別口べつくち 出来しゅったい 冷笑あざわら 係合かかりあ 会釈えしゃく 今日こんにち 亡骸なきがら 清元きよもと 注進ちゅうしん 気障きざ のき 木偶でく 晦日みそか 施主せしゅ 掃溜はきだめ 捫着もんちゃく こしら はばか 悪疫あくえき わずら 帷子かたびら 巻添まきぞ 工面くめん 小女こおんな