“夜詣”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
よまい50.0%
よまいり25.0%
よまゐ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“夜詣”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
千鳥の店の話によると、お兼はせがれ長之助のゆくえ不明を苦に病んで、この頃は浅草の観音へ夜詣よまいりをする。
廿九日の牡丹餅 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
兵馬は、またそぞろ歩きをはじめたが、ふと思うよう、あの女は、たった一人で何しに、この淋しいところへ来たものであろう——さいぜんの自分を呼びかけた旅の男は、お豊、お豊と、女の名を呼んでいた、或る種の女にはよくある迷信じみた信心から、ここへ夜詣よまいりに来たものであろう。
大菩薩峠:05 龍神の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
夜詣よまいりにさせる社務所の
六百句 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
奥の院の夜は寂しくとも、信心ぶかい者の夜詣よまゐりが断えぬので、燈火の断えるやうなことは無い。
仏法僧鳥 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)