血液型殺人事件けつえきがたさつじんじけん
毛沼博士の変死事件は、今でも時々夢に見て、魘されるほど薄気味の悪い出来事だった。それから僅に一月経たないうちに、父とも仰ぐ恩師笠神博士夫妻が、思いがけない自殺を遂げられた時には、私は驚きを通り越して、魂が抜けたようになって終い、涙も出ないの …
作品に特徴的な語句
リットル 何故ワルーム 方法メトード やま かた いたま いわん 冒険リスク かかわ 以前まえ かえ こら はず まる さす よこたわ けっ 洗場ウォッシュ・スタンド うかが きび 上面うわべ あお わずか ずつ 宮内みやうち 当嵌あてはま にく わざ 所為しょい 易々いい 漏洩もれ 狡猾ずる 稀々たまたま しま ばか 諄々くどくど むくい 一抹いちまつ 乃至ないし これ 交際つきあ 仮令たとい 仰有おっしゃ たたず 何人なんぴと 僅々きんきん 処女おとめ すなわ 只管ひたすら 吃驚びっくり 合点がてん ただ やかま 回向えこう 在勝ありがち 奸計かんけい くわ やす 寝衣ねまき むし 対手あいて もっと 平生へいぜい ついで 度々たびたび 弊履へいり 引摺ひきず 弥次やじ おもむ たちま 性質たち 恭々うやうや 恰度ちょうど 態々わざわざ ある ドア 抑々そもそも ほう 抽斗ひきだし はさ うま いとま しばら 杞憂きゆう 枕許まくらもと 正午ひる ほとん こと 毛沼けぬま まり 気色けしき