はな
禅智内供の鼻と云えば、池の尾で知らない者はない。長さは五六寸あって上唇の上から顋の下まで下っている。形は元も先も同じように太い。云わば細長い腸詰めのような物が、ぶらりと顔のまん中からぶら下っているのである。 五十歳を越えた内供は、沙弥の昔か …
作品に特徴的な語句
ひさげ わずらわ 渇仰かつぎょう 知己しるべ 誦経ずぎょう うしろ 腸詰ちょうづ おとしい さむらい そな かたわら わずか 当来とうらい おそれ 所為しょい きま きれ がゆ あかぎれ ゆだ かよ 黄金きん 上下うえした 上唇うわくちびる 上眼うわめ 丸炙まるやき 九輪くりん 今日こんにち 供僧ぐそう 僧侶そうりょ 出家しゅっけ 勿論もちろん 可笑おか しか つぶや わら 喧伝けんでん くさめ ささや はや 容子ようす 尨犬むくいぬ 尿いばり 工夫くふう 帷子かたびら ついで 弟子でし 恢復かいふく うら うやうや 悪戯いたずら おそ つつし おも 折敷おしき 昨夜ゆうべ 普賢ふげん 椎鈍しいにび 機嫌きげん とち 残喘ざんぜん 毀損きそん 水干すいかん 水気すいき いけ 沙弥しゃみ 法衣ころも 浄土じょうど ひた 滑稽こっけい 火傷やけど 烏瓜からすうり せん かゆ あと 療治りょうじ 目連もくれん 矛盾むじゅん 碌々ろくろく 禿 竜樹りゅうじゅ 粟粒あわつぶ かゆ 経机きょうづくえ 聴従ちょうじゅう あぶら くき 菩薩ぼさつ ふた しとみ のみ 蜀漢しょくかん 行儀ぎょうぎ
題名が同じ作品
(新字新仮名)ニコライ・ゴーゴリ (著)