夜烏よがらす
夏水をかぶつた猿ヶ馬場耕地の田地は、出来秋の今となつては寔に見すぼらしいものであつた。ひこばえのやうにひよろ/\した茎からは、老女のちゞれた髪の毛を思はせるやうな穂が見える。それも手にとつて見るとしいなが多い。枯穂も少くない。刈つたところで …
作品に特徴的な語句
やはらか さいなま やはらぎ 親父とつさあ おつしや 機会しほ そら やはら ねたみ ひが 巡査まはり いきどほり 向方むき みじめ たかぶ おどか のぞき おづし 同情おもひやり をんな しうとめ 室中へやぢゆう なつか 村外むらはづれ くぬぎ むさ しら 下座したざ なに うなだ わき 先方むかう せい ごみ 村外そんぐわい うつろ ともしび 無性むしやう かた 珠玉しゆぎよく くら けは 露顕ばれ 一々いちいち からだ わし 先刻さつき おさ かすか なつ 戸前とまへ とぼそ とろ ほのほ いぶ 爪立つまだち 聴聞ちやうもん 良人をつと のが 閾際しきゐぎは 顧眄ながしめ きいろ 一歩ひとあし 一足ひとあし 偏執へんしふ 分解ぶんかい 十足とあし 双子ふたこ くち たま 夜烏よがらす 姉様あねさま うち とが 床板ゆかいた あて あと おび なさけ ものう 扉前とまえ さが さが 板木はんぎ もみ 欝込めいりこん 歌声うたごえ 此品これ から 流石さすが 溢米こぼれまい 爐辺ろばた 生計くらし