千早館の迷路ちはやかんのめいろ
やがて四月の声を聞こうというのに、寒さはきびしかった。夜が更けるにつれて胴慄いが出て来たので、帆村荘六は客の話をしばらく中絶して貰って、裏庭までそだを取りに行った。 やがて彼は一抱えのそだを持って、この山荘風の応接室に戻って来た。しばらく使 …
作品に特徴的な語句
うかが つぶ おも ゆるや えにし ひざまず こお もく とま 八幡やわた とも 亀裂きれつ うれ 地鳴じな 答申とうしん すが しげ ふけ 緑青ろくしょう つづ 絨毯じゅうたん 紛々ふんぷん 粋月すいげつ 皺枯しわが すく まれ 短冊たんざく まぶ 燐寸マッチ さび かび うるわ ふもと 面憎つらにく 雪崩なだれ 阿魔あま はば しず 錚々そうそう はら はさみ ボタン 蝙蝠こうもり やぶ すす よもぎ 臙脂えんじ 胴慄どうぶる 呆然ぼうぜん くず 奏楽そうがく 塑像そぞう つぐ 嗚咽おえつ あえ すす うな 唐紅からくれない 周章あわ 取澄とりすま いか 千早ちはや 別嬪べっぴん うなが 仮眠うたたね 亡骸なきがら わた とりこ 獅噛しが あさ 爪先つまさき 洋杖ステッキ そばだ 暖炉だんろ たお 瑠璃るり から つか かつ いこ おどろ わる たの 怨霊おんりょう こた