能とは何かのうとはなにか
二三年前の事、或る若いエスペランチストが私の処へ遊びに来ました序に、瑞西とかのエスペラントの雑誌へ「能」の事を投稿したいから、話してくれないかと頼みました。ところが生憎、私は能というものを外国人に紹介する程の頭も学問も持合わせておりません。 …
作品に特徴的な語句
すくな あや とっ かたわ すこ あた いだ あり しっか 線路コース のう かろ うら 一声いっせい すべ 呂律りょりつ かじ はま したが かか かな つが 穿うが しま おそれ 親分ボス 一所いっしょ 上歌あげうた 下歌さげうた おつ 乾坤けんこん しま また 仮令たとい てい しか 処構ところかま 初同しょどう 劈頭へきとう 印度インド かえ いな 吾児わがこ あき うな はや 囃子はやし 囃方はやしかた 団扇うちわ 基督キリスト おびただ 奇矯ききょう 嫋々じょうじょう むし 対峙たいじ もっと 屡々しばしば 希臘ギリシャ 床几しょうぎ ついで 度毎たびごと ゆる いや かえ ほしいまま ことごと 按配あんばい 捷径しょうけい なげう あえ 斯様かよう 昨日きのう いわ ひのき 欣求ごんぐ こわ いわ 洒脱しゃだつ 流石さすが 渇仰かつごう ようや 無暗むやみ すす