百合ゆり
良平はある雑誌社に校正の朱筆を握っている。しかしそれは本意ではない。彼は少しの暇さえあれば、翻訳のマルクスを耽読している。あるいは太い指の先に一本のバットを楽しみながら、薄暗いロシアを夢みている。百合の話もそう云う時にふと彼の心を掠めた、切 …
作品に特徴的な語句
微笑びしょう けぶ さげ 一片いっぺん 七歳しちさい びろ あぜ つっ つぎ おごそ そと 大雨おおあめ はじ のち 球根たま くろ うね すぐ 立派りっぱ 顔色かおいろ 一足ひとあし たけ ぬし 今直いますぐ 仕度したく 仰向あおむ かさ いた 光沢つや きざ 剛情ごうじょう 勿論もちろん とお 午頃ひるごろ 午飯ひるめし 叔母おば 取組とっく 可笑おか しか わめ 喧嘩けんか うそ 嘲笑あざわら 土手どて 土用どよう ほこり 大仰おおぎょう はじめ うち 小路こうじ とが 尻餅しりもち 年上としうえ 悄気しょげ 惣吉そうきち あわ 手拭てぬぐい 手荒てあら おさ 拍子ひょうし はさ かす つか そろ 昨日きのう 時分じぶん 朱筆しゅふで かまち くわ 楽々らくらく 横鬢よこびん 気色けしき 湿しめ 滅多めった はげ きず 百合ゆり 相撲すもう うかが ざる 節立ふしだ ゆる 縦横たてよこ 翌朝よくあさ 翻訳ほんやく 耳朶みみたぶ 耽読たんどく 肉桂にっけい わき ぜん