“節立”の読み方と例文
読み方割合
ふしだ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
桑畑を向うに抜けた所はやっと節立った麦畑だった。金三は先に立ったまま、麦と桑とにまれた畔をもう一度右へ曲りかけた。素早い良平はその途端に金三のを走り抜けた。
百合 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
この象は老いてあるらし腹よごれ鼻も節立ち牙は切られたり
河馬 (旧字旧仮名) / 中島敦(著)
日の本の法師よりけに節立てる法師に借れる草枕かな