空中墳墓くうちゅうふんぼ
ぽっかり、眼が醒めた。 ガチャリ、ガチャリ、ゴーウウウ。 四十階急行のエレベーターが昇って来たのだった。 「誰か来たナ」 まだ半ば夢心地の中に、そう感じた。職業意識のあさましさよ、か。 この四五日というものは夜半から暁にかけてまでも活躍をつ …
作品に特徴的な語句
把手クランプ じゃく いただ かたわ 外方がいほう つかま はやす こい めず にく 明晩みょうばん かろ ただ あい しゃが 砂利ざり わな 小暗こぐら たく うえ 死人しにん 争論そうろん 灯火あかり 物凄ものすさま 何奴なにやつ 生命せいめい 凝視ぎょうし 利休としやす 眼光がんこう 執念しゅうねん ばか うけたまわ 言調ごちょう うなず 蒼白そうはく 彼奴きゃつ あた べん かえる 温和おとな ようや 火焔かえん 烏山からすやま なお はなは 生憎あいにく 畢竟ひっきょう 疼痛とうつう 痙攣けいれん 皆目かいもく しわ 真紅まっか にら みは 矢口やぐち 矢張やは おだや 空費くうひ まぎ しげ そび 胸板むないた おど やが 麓村ふもとむら 鳶色とびいろ 魂切たまぎ 鬼気きき 飛翔ひしょう 頬髯ほおひげ あご 項戴ちょうだい かばん 露見ろけん 隕石いんせき 随分ずいぶん かぎ 防禦ぼうぎょ 銭湯せんとう 鉄扉てっぴ 釈明しゃくめい 遺骸いがい いとま おそ つい ほとばし 迅速じんそく 血痕けっこん おお 蜥蜴とかげ がま 行手ゆくて