“ありか”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アリカ
語句割合
在所49.3%
所在22.8%
在処17.2%
在家4.2%
住所0.9%
所在地0.9%
有処0.9%
有所0.9%
位置0.5%
在處0.5%
存在0.5%
有家0.5%
滞在地0.5%
行処0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ここしばらくは、奥様に、在所が知れぬといふておく。確かに己れが預つて、滅多な事はささぬから、思案を仕替えて見るがよい。
したゆく水 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
一昨年初めて参詣した時には、墓の所在が知れないので寺僧に頼んで案内してもらった。彼は品の好い若僧で、色々詳しく話してくれた。
磯部の若葉 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
そこで貞盛為憲等の在処を申せと責めたが、貞盛為憲等は此等の藤原氏どもに捕へられるほど間抜でも弱虫でも無かつた。
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
「その危険もあるし、ほかに私が考えていることがあるの。とにかく、あなたあの女の在家を突き止めてくれない?」
貞操問答 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
平次も呆気にとられました。せっかくお楽の口から兇賊の住所を聞出そうとしている矢先に、こんなのに飛込まれては、全くやり切れません。
いいかね東風君、二三歩出たがまた引き返して、国を出るとき三円二十銭で買った赤毛布を頭からってね、ふっとランプを消すと君真暗闇になって今度は草履所在地が判然しなくなった
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
この山中にはのうつありて、その下に黄金を埋めてありとて、今もそのうつぎの有処を求めあるく者稀々にあり。この長者は昔の金山師なりしならんか、このあたりには鉄を吹きたるあり。
遠野物語 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
どこへ隠れようと有所を探し喰い殺さねば置かぬ獣じゃ! お前さん本当に見たというなら須原の宿には置かれない。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
でまたを越えなければならない路ですがね、橋から見ると山の位置は月のる方へ傾いて、かえって此処から言うと、対岸行留りの雲の上らしく見えますから
薬草取 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
見せられし故同道致さんと存ぜしにの女の在處だ知れぬにより尋ね出し同伴の上と申され右等の話にて甚だ手間取亥の刻近き頃たどり參りし處辨天堂の前にてきたれども刻限は延引致し氣はにより死人共心付ず其儘歸宅いたし翌朝相良へ御召捕に相成し事は此程申上し通りに候と申せば大岡殿シテ其武士の連の女の在所
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
はあのをききながら、いつもそのけこむような気分で、自分存在れて、うっとりとしていることがいのでございました。
一言も發せず居るゆゑ平左衞門はてお島に心あるにより又々押止先々御待ち成さるべし手引はが致せしにもせよみ出せしは伴建部の兩人なれば此者どもの有家さへ知るれば藤五郎殿御兄弟の行衞も知れ候は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
その時始めて、お種は夫の滞在地を知った。支那へ、とばかり思っていた夫はさ程遠くは行っていなかった。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
なるほど、もっともの話だが、高村さんが君になくなさないようにといった意味は、行処が分らなくなることを恐れたためだろう。