人造人間殺害事件ロボットさつがいじけん
その早暁、まだ明けやらぬ上海の市街は、豆スープのように黄色く濁った濃霧の中に沈澱していた。窓という窓の厚ぼったい板戸をしっかり下した上に、隙間隙間にはガーゼを詰めては置いたのだが、霧はどこからともなく流れこんできて廊下の曲り角の灯が、夢のよ …
作品に特徴的な語句
イエス おろ さが ノー 退しりぞ まわ しずく 蒼白まっさお なつか ぼり ストップ がら 明朝みょうちょう 生温なまあたたか 双手そうしゅ かしこま はず ぬの さいわ 顔面がんめん あかり 霊魂れいこん にわ 雀躍こおど 間諜スパイ ほがら かよ ななめ 文身いれずみ かど たん わたし きま べに 美事みごと 深更しんこう 満場まんじょう すべ にじ うる 焦熱しょうねつ 熔鉄ようてつ 片鱗へんりん 特務とくむ 犯跡はんせき 珍客ちんきゃく 甘美かんび 生毛うぶげ 生臭なまぐさ 疾走しっそう 盟休めいきゅう 相図あいず 真直まっすぐ 真紅まっか 眼窩がんか にら 短銃ピストル 破壊はかい 硝子ガラス 科学サイエンス 空廻からまわ うかが すじ メートル 粉砕ふんさい 軽率けいそつ 麝香じゃこう 鳥渡ちょっと 鬼籍きせき 騎士ナイト 餌食えじき ひたい 頸筋くびすじ くび 頭巾ずきん あご 頓狂とんきょう 頑張がんば ふる 隙間すきま 閣下かっか 銃弾たま 銃丸じゅうがん 邸宅ていたく 途端とたん 辣腕らつわん 軽羅けいら まと みずか 胴腹どうばら 背後うしろ 美音びおん しら 粛然しゅくぜん