秩父の奥山ちちぶのおくやま
何の為に山へ登るか。自分は此稿を書こうとして、筆を持ったまま考に耽っていると、不図心の奥でひそやかな声がそう囁いた。 然し自分は今茲にそれを論じようとしていたのでは勿論ない。唯秩父山脈が首都に近い割合に、相当の高さと深さと大さとを有し、麓に …
作品に特徴的な語句
かえっ おわり 的確ちゃん さか あきらか ばかり おなじ おおき さなが つき たく ツガ つかま もし なんな いたっ 思出おもいで うしろ あなが つもり 希臘ギリシア つばくろ 三国さんごく 三頭みとう ながれ かつ がん なず 鉄岳クロガネダケ つい おくぶか はるか 仮令たとえ うたがい ナラ わずか ドド 其他そのほか 其位そのくらい あやまり ばか じっ 千葉セムバ および はびこ かか ふる 瞰下みお おおい 矢張やはり かんがえ よろこ 少許すこしばかり 篶竹すずだけ ほと しか あらた 瑞牆みずがき 瑰奇かいき 申分もうしぶん 申訳もうしわけ ほぼ 白峰しらね 白檜しらべ 益々ますます さかん 盤古ばんこ 目路めじ そう 瞰下みおろ 石楠しゃくなげ 破風はふ たしか やや 積翠せきすい 究竟くっきょう 途轍とてつ わだかま 袴腰はかまごし もと かく 許連ばかりつらな 跫音あしおと 透徹すきとお 透間すきま 鶏冠とさか