死の接吻しのせっぷん
その年の暑さは格別であった。ある者は六十年来の暑さだといい、ある者は六百年来の暑さだと言った。でも、誰も六万年来の暑さだとは言わなかった。中央気象台の報告によると、ある日の最高温度は華氏百二十度であった。摂氏でなくて幸福である。「中央気象台 …
作品に特徴的な語句
行方ゆくさき こが 嘲笑ちょうしょう 太息ためいき おそれ 定家さだいえ ずつ 手巾ハンカチ ずん つい じゃく ひるが 臣下しんか きれ かか しわが うめ すま ふくろ 華氏かし しか しか 猖獗しょうけつ はなは 疝気せんき かか びん 疝痛せんつう しゃく 粘稠ねんちゅう のり まと 綽名あだな つい 麻雀マージャン 鰌髭どじょうひげ さきがけ しき すこぶ 青蠅あおばえ 雪白せっぱく 関聯かんれん 長夜ちょうや ふけ やから かく たもと 薪炭しんたん 摂氏せっし 苛責かしゃく 良人おっと 腹癒はらい 卑怯ひきょう 小咳こぜき すん めかけ ちり 団扇うちわ 嘔吐おうと 吐瀉としゃ もっと 其処そこ 俄然がぜん 何処どこ おっ あらかじ 主婦おかみ 抽斗ひきだし 流石さすが いわ ごう 梵鐘ぼんしょう 敏子としこ もた 上海シャンハイ おお ようや 所謂いわゆる ことごと しょう たちま 引奪ひったく とばり 屈竟くっきょう
題名が同じ作品