風琴と魚の町ふうきんとさかなのまち
1父は風琴を鳴らすことが上手であった。 音楽に対する私の記憶は、この父の風琴から始まる。 私達は長い間、汽車に揺られて退屈していた、母は、私がバナナを食んでいる傍で経文を誦しながら、泪していた。「あなたに身を託したばかりに、私はこの様に苦労 …
作品に特徴的な語句
さが うま はずか 小便こよう かが すさ 初蛙はつがえる のど 塵芥じんかい 沈黙だま 狭隘せま がめ じょう かご げん たち キイ すす 嘲笑ちょうしょう しょ むすめ よめ 帆布はんぷ ひさし はじ とびら ゆす あか よう さい なぎさ よご あわ 甘美うま たたみ みな 皮剥かわは ぬす 禿はげ えん くさ 読本とくほん だれ すず かす 馬穴バケツ あぎと 鼻汁はなじる 一瓶ひとびん 一緒いっしょ 丁寧ていねい 上手じょうず 下駄げた なら どんぶり 乳房ちぶさ 井戸いど ほの わび くるま 俥夫しゃふ おれ やさ もた わか にお 占領せんりょう うまや いや 口笛くちぶえ たた さけ 可哀かわい しか 吉和よしわ ふく 呶鳴どな うた 唐草からくさ うな つば 問屋とんや