風琴と魚の町ふうきんとさかなのまち
1父は風琴を鳴らすことが上手であった。 音楽に対する私の記憶は、この父の風琴から始まる。 私達は長い間、汽車に揺られて退屈していた、母は、私がバナナを食んでいる傍で経文を誦しながら、泪していた。「あなたに身を託したばかりに、私はこの様に苦労 …
作品に特徴的な語句
さが はずか うま かが 小便こよう じょう がめ 狭隘せま かご 沈黙だま すさ 初蛙はつがえる のど キイ げん 塵芥じんかい たち 鼻汁はなじる ぬす 皮剥かわは みな たたみ 甘美うま 禿はげ あわ えん よご なぎさ さい よう くさ あか ゆす とびら はじ 読本とくほん だれ ひさし 帆布はんぷ よめ むすめ しょ 嘲笑ちょうしょう あぎと すす すず かす 馬穴バケツ 紹介しょうかい いた かばん にお ころ 自慢じまん 膏薬こうやく こし 腫物はれもの なまぐさ うで くさ 風体ふうてい 背丈せたけ かた 股間こかん また はだ 馬鹿ばか 肋骨ろっこつ 聯想れんそう 駄目だめ あく 繻子しゅす しま 縄渡なわわた まぶた 真中まんなか 鯨帯くじらおび ねむ 石榴ざくろ 砂粒すなつぶ 鰯雲いわしぐも