“鯨帯”の読み方と例文
読み方割合
くじらおび100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また『春色梅暦』では、丹次郎ねて来る米八衣裳について「上田太織の鼠の棒縞、黒の小柳に紫の山まゆ縞の縮緬を鯨帯とし」
「いき」の構造 (新字新仮名) / 九鬼周造(著)
彼女はもこぼさないでしおれていた。風呂敷の中からメリンスの鯨帯と、結婚の時に着ていた胴抜きの長襦袢が出て来た。
魚の序文 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
その黒い風呂敷包みの中には繻子鯨帯と、おじさんが船乗り時代に買ったという、ラッコの毛皮の帽子がはいっていた。
風琴と魚の町 (新字新仮名) / 林芙美子(著)