“青笹”の読み方と例文
読み方割合
あおざさ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
看板の魚は、青笹の葉をにはさんだであった。私達は、しばらく、その男達が面白い身ぶりでかまぼこをこさえている手つきに見とれていた。
風琴と魚の町 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
ザシキワラシ。二十二。アツレキ三十一年二月七日、表、日本岩手県上閉伊青笹瀬戸二十一番戸伊藤万太の宅、八畳座敷中に故なくしてに出現して万太の長男千太、八歳を
一 遠野郷は今の陸中上閉伊郡の西の半分、山々にて取りまれたる平地なり。新町村にては、遠野、土淵附馬牛、松崎、青笹上郷小友綾織鱒沢宮守達曾部の一町十ヶ村に分かつ。
遠野物語 (新字新仮名) / 柳田国男(著)