番町皿屋敷ばんちょうさらやしき
登場人物 青山播磨 用人柴田十太夫 奴權次權六 青山の腰元お菊お仙 澁川の後室眞弓 放駒四郎兵衞 並木の長吉 橋場の仁助 聖天の萬藏 田町の彌作 ほかに若党陸尺茶屋の娘など 第一場 麹町、山王下。正面はたかき石段にて、上には左右に石の駒寄せ …
作品に特徴的な語句
出来しゆつたい そつ いつ 退さが やつこ いや 曲事きよくじ つか こは 聖天しやうてん きび 股立もゝだち 主親しゆうおや ちげ かみ 思召おぼしめし 頬桁ほゝげた はゞか くゝ 料簡れうけん 陸尺ろくしやく あらた 達引たてひき のた 狼狽うろた しか 色紙いろがみ 鳥渡ちよつと 下手しもて うつは 心柄こゝろがら 多寡たくわ ゆる わたし 容赦ようしや きつ 床几しやうぎ 律義りつぎ ゆる 眞弓まゆみ うかが 駒寄こまよ 合点がてん おろ くび 俯向うつむ 裲襠うちかけ くど かしら さや 身繕みづくろ 輿入こしい 達入たていれ 仔細しさい 今夕こんせき 不埒ふらち つば 云値いひね かり 椿事ちんじ 御咎おとが 後室こうしつ なさけ 承塵なげし いど さば 播磨はりま 敦圉いきま かた 明暦めいれき つか 婿むこ ねえ つも 楯突たてつ 權次ごんじ 殴倒はりたふ 流行はや さら 海月くらげ 溜池ためいけ 独身ひとりみ 田町たまち きず 病犬やまいぬ おど 神祇じんぎ
題名が同じ作品
番町皿屋敷 (新字新仮名)岡本綺堂 (著)