“たしな”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:タシナ
語句割合
65.0%
23.5%
6.9%
2.0%
0.7%
惚苦0.3%
省愼0.3%
患惚0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、で、色白な娘が運んだ、煎茶煙草盆を袖に控えて、さまでむともない、その、伊達に持った煙草入を手にした時、——
伯爵の釵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
とお母さんがめた。芳夫さんは惣領息子だ。学生時代から家へはくやって来るので、殊に遠慮のない間柄になっている。
親鳥子鳥 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
「そちには何もわからぬとみゆる。ははは、もの知りより、あどけのうてかえってよい。したが、そちのみとするは何ぞ」
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
行末怎うなるのか! といふ眞摯な考への横合から、富江のいだ笑聲が響く。つと、信吾の生白い顏が頭に浮ぶ、——智惠子は嚴肅な顏をして、屹と自分をめる樣に唇を噛んだ。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
「貴郎方は何者です。断りもなく他人の家へ入って来て失礼ではありませんか」彼女は厳しい言葉でめるようにいった。
P丘の殺人事件 (新字新仮名) / 松本泰(著)
かく惚苦めたまひし時に、稽首白さく、「は今よ以後、汝が命の晝夜守護人となりて仕へまつらむ」とまをしき。
一八を出して溺らし、もしそれ愁へまをさば、を出してし、かく惚苦めたまへ
省愼み置たるとはりなるべし大方皆み取たる物ならん茲な大盜人めと樣々に惡口なしければ元より武道く大橋文右衞門賊名
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
されよと云つゝ省愼たる具足櫃びに差替の大小までも取出し此通り國難の時の用意も致し居る拙者なり他人の物を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
りたまはく、「、吾を助けしがごと、葦原の中つ國にあらゆるしき青人草一九の、き瀬に落ちて、患惚まむ時に助けてよ」とのりたまひて、意富加牟豆美の命といふ名を賜ひき。
ここに天皇それなることを知らしめして、恆に長眼を經しめ、またひもせずて、めたまひき。かれその大碓の命、兄比賣に娶ひて生みませる子、押黒の兄日子の王。
黙れ、! 貴様の頭脳は銭勘定ばかりしてゐるので、人の言ふ事が解らんと見えるな。誰がその話に可然挨拶を為ろと言つた。友人に対する挙動が無礼だからめと言つたのだ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
氷の如く冷徹りたる手をわりなくに差入れらるるに驚き、咄嗟と見向かんとすれば、後よりへられたれど、夫の常にめる香水のは隠るべくもあらず。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)