“かよう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
斯様85.9%
箇様5.5%
歌謡1.5%
荷葉1.5%
彼様1.0%
花容0.5%
華容0.5%
萱生0.5%
个樣0.5%
加養0.5%
家傭0.5%
此様0.5%
華陽0.5%
賈雍0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
国に斯様な朝臣があるのはにめでたい限りであるから、何卒此の上とも体を大切にされて、一日でも多く長生きをして下さるように
少将滋幹の母 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
二つ有るものの善きを捨て、きを取り候て、好んで箇様の悲き身の上に相成候は、よくよく私に定り候運と、思出し候てはめ居り申候。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「さあ面白くなったぞ。玉蘭、ひとつおまえの故郷歌謡でも舞うて見せんか」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
台坐には、十一坐、九重坐、七重坐、蓮坐、荷葉坐、多羅葉坐、坐、雲坐、須弥坐、獅子吼坐、円坐、雷盤坐等で、壇には護摩壇、須弥壇、円壇等がある。
彼様な事に相成りまして、誠に何うもお目にり恐れ入りますが、どうか御尊父様へも武田様にも内々に願います
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
花弁は平開し、およそ十内外もあるが、しかし花容、花色種々多様で、何十種もの園芸的変わり品がある。花心に黄色の多雄蕊と、三ないし五の子房がある。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
その花容花色すこぶる多様で、紅色、紫色、白色、黄色などのものがあり、また一重咲き、八重咲きもあって、その満開を望むと吾人はいつも、その花の偉容、その花の華麗驚嘆を禁じ得ない。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
「はて。……では、曹操はついに華容の道へは逃げ落ちて来なかったといわるるか」
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
むかし濮陽呂布を攻めて呂布にもてあそばれ、宛城張繍と戦うて敗走し、また赤壁に周瑜を恐れ、華容に関羽に遭って泣訴して命を助かり、なおなお、近くは渭水潼関の合戦に、を切り
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
折もよし、信雄の重臣で、蟹江の城主だった佐久間甚九郎は、信雄の命で、萱生築塁に出張し、留守には、前田与十郎種利が、わずか三百人ぐらいな部下をもっているにすぎない。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
すでに、山口重政の所へは、きのう、萱生にある主人の佐久間甚九郎から
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
誠意を以て聖賢の書を讀み、其の處分せられたる心を身に體し心に驗する修行致さず、唯个樣の言个樣の事と云ふのみを知りたるとも、何の詮無きもの也。
遺訓 (旧字旧仮名) / 西郷隆盛(著)
というのは、加養田下宗道などの附近の部落から、煙が立ち始めたからだ。それらの小部落は、戸数は大したものではなくても、みな豊田郷の内である。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
玄関脇の控ノ間へ行ってみると、白布で蔽ったを戸板に乗せ、その周りに家傭どもと村の者が畏まっていたが、俺の顔を見ると、駐在所の巡査が恭しい手つきで白布を捲りあげた。
湖畔 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
本尊に供えたところの清水を頂かせると、それは甘美の清水であるので、病人は心から喜んで飲んで、そして定基を見て微かに笑う、其の此世に於て今はただ冷水を此様に喜ぶかと思うと
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
ここは天竺という国で、女と一緒に象に乗っている男は斑足太子というのじゃ。女の名は華陽夫人、よく覚えておけ。あの女は世にたぐいなく美しゅう見えるが、あれは人間ではない。
玉藻の前 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
やあ、方々あるとなきとれがきや。賈雍從卒、おい/\といてしてく、あるこそへ。ふにうて、將軍いてよりつ。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)