“宗道”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そうだう50.0%
そうどう50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一遍宗道そうだうへ行つたところがな、皿へヤマベを付けて出したから、ヤマベなんぞ出してひでえ所だと思つたが折角出したんだからと思つて一箸くつて見たら甘えんで魂消た
土浦の川口 (旧字旧仮名) / 長塚節(著)
というのは、加養かよう田下たげ宗道そうどうなどの附近の部落から、煙が立ち始めたからだ。それらの小部落は、戸数は大したものではなくても、みな豊田郷の内である。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)