“いいつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
吩咐50.0%
命令12.0%
云付6.0%
吩付5.0%
吩附5.0%
言告3.0%
言付3.0%
云附3.0%
2.0%
吟附1.0%
告訴1.0%
呍付1.0%
呍咐1.0%
夷逸1.0%
結附1.0%
言慣1.0%
言続1.0%
言附1.0%
讒訴1.0%
遺佚1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『藩の御用なれば、たとえ、どう損がゆこうと身を粉にしようと、愚痴などは申しませぬが、あのい大野様からの吩咐けなので』
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
さりとて打ち捨ておかば清吉の乱暴も命令けてさせしかのよう疑がわれて、何も知らぬ身に心地からぬ濡衣せられんことの口惜しく
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
私は殊更父母から厳しく云付けられた事を覚えて居る。今一つ残って居る古井戸はこれこそ私が忘れようとしてもられぬ最も恐ろしい当時の記念である。
(新字新仮名) / 永井荷風(著)
吩付けられて、飼糧桶を抱え、裏から軒の外へ廻って行った童子が、そこで、すッ頓狂に、わめいていた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
市郎も立寄ってめた。彼は医師である。左右の人々に吩附けて、もお杉を我家へき入れさせた。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
こんな料理はとても家で出来ねいの、家の物ばかり食べていてはまらねいのとあれは何ちゅう事だ。父さんや母さんが帰ったらんな言告けてらなくっちゃ
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
狼藉者が忍入るような事もあれば一大事じゃから、其の方がお上屋敷へまいっては、折々お内庭を見廻れ、御寝所近い処も見廻るようにと兄より言付かって居ります
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
なる程お玉という娘の父親は竜神松五郎という海賊かも知れませんが、そんな奴には種々魂胆がありまして、人の知らねえ機関も御座いますから、再調べの役目を私奴にお云附け下せえまし
悪因縁の怨 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
くれば得三も、探偵にわるることを知りたれば、家を出でむは気懸りなりしに、これと銀平に
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
と、高瀬が妻に吟附けた。
岩石の間 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
……おまけに後で船長告訴けてやるから……とか何とかかしやがったんでイヨイヨ助けておけないと思って、首ッ玉をギューッと……まったくなんで……ヘエ……
難船小僧 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
……それから、ここでは、幻灯会が催されることがあった。その玩具は父が大阪から土産に買って戻ったものだったが、幻灯をやる晩は弟の修造に呍付けて、近所の子供たちを招いた。
昔の店 (新字新仮名) / 原民喜(著)
長男に、それでは明日後から次男をつれて来るように呍咐け、私は妻と二人で先きに立つことにした。
古来、野の賢者として名高いのは、伯夷叔斉虞仲夷逸朱張柳下恵少連などであるが、先師はいわれた。
現代訳論語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
まア美代ちゃん/\と言慣けて居るもんですから御新造様の事をホヽヽ、はがら/\して居りまして
松と藤芸妓の替紋 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
そして厭っとこさ僕たち二人のことを言附けたんです。ナーヂャは閉じこめられて中二階にはいったきりなんです。
そう冒頭をして葉子は倉地と押し並んでそろそろ歩きながら、女将の仕打ちから、女中のふしだらまで尾鰭をつけて讒訴けて、早く双鶴館に移って行きたいとせがみにせがんだ。
或る女:2(後編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
をつけて答へよといふ。遺佚答へてこの車坂は二つありやといふ。陶々子がいやこの坂ばかりにて一ぢやといふ。遺佚がいふ車二つあらばまはるべし、一つならばまはらぬはずよといふ。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)