故郷こきょう
私はきびしい寒さを物ともせず、二千里の遠方から二十余年ぶりで故郷へ帰って来た。 冬も真最中となった頃、やっとのことで故郷へ近づいた折から、天気は陰気にうす曇り、冷たい風は船室の中まで吹き込んで来て、ぴゅうぴゅうと音を立てている。船窓から外を …
作品に特徴的な語句
いよ から あれ おさま 今度このたび 外方そと うしろ がた ヤン 長年チャンネン がん 一幅いっぷく 他郷よそ おさ 子供がき すで うけたまわ つか ほと 煙管キセル とっ 藍背あおせ 隔膜へだて 丁重ていちょう 他所よそ 会釈えしゃく もと まる かぶ 刺又さすまた ついば うわさ かき さまた 宏児ホンル うち むか 店先みせさき おとし 忙月マンユエ こわ 恰好かっこう おどろ あわ 我儘わがまま こしら おきて 掠賊ものとり はこ 斤量きんりょう 木偶でく 柵欄さくらん 椋鳥むくどり 機嫌きげん なげ よろこ 気色けしき 水生シュイション 沙地すなち 煙管きせる 燭台しょくだい チャー 珠数じゅず おい ぴき だま 短工トアンクン わん こざら もみ 空地あきち 穿 つい 竹匾ひらざる はず かぞ 素的すてき 紺青こんじょう ひるがえ はら また 自家うち かつ 荷纒にまと 西瓜すいか のぞ
題名が同じ作品
故郷 (新字新仮名)太宰治 (著)
故郷 (新字新仮名)豊島与志雄 (著)
故郷 (新字新仮名)豊島与志雄 (著)
故郷 (新字新仮名)魯迅 (著)