“忙月”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
マンユエ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“忙月”を含む作品のジャンル比率
文学 > 中国文学 > 小説 物語1.9%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
わたしのうちには忙月マンユエが一人きりだから手廻りかね、祭器の見張番にせがれをよびたいと申出たので父はこれを許した。
故郷 (新字新仮名) / 魯迅(著)
自分で地面を持ち節期時や刈入時に臨時に人の家に行って仕事をする者を忙月マンユエという
故郷 (新字新仮名) / 魯迅(著)