“忙々”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いそがわしく33.3%
いそがはし16.7%
せかせか16.7%
せか/\16.7%
ばう/\16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“忙々”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
乗客は忙々いそがわしく下車して、思い思いに別れぬ。最後に威儀ある紳士はその母の手を執りてたすけ下ろしつつ、
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
かれはこの惨憺みじめさと溽熱むしあつさとにおもてしわめつつ、手荷物のかばんうちより何やらん取出とりいだして、忙々いそがわしく立去らむとしたりしが、たちまち左右をかえりみて、
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
つひに彼はこのくるしみを両親に訴へしにやあらん、一日あるひ母と娘とはにはかに身支度して、忙々いそがはしく車に乗りて出でぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
彼は忙々いそがはしく顔をもたげて紳士のかたを見たりしが、その人よりはその指に耀かがやく物の異常なるにおどろかされたるていにて、
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
十一月に入ってからである。深川の高橋の近くにある吉五郎の家へ、何か、忙々せかせかした態度で、新見弥七郎が訪ねて来た。吉五郎に会うと、すぐ用談を切り出した。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
三四間ゆくと彼は急に忙々せか/\と歩き出した。「何処へいつたのだ、彼女は。」さうつぶやきながら。
静物 (新字旧仮名) / 十一谷義三郎(著)
身は一つ心は千々に走せまはつて、匆々そう/\忙々ばう/\と茫然自失する折から人ををどり立たす様な奏楽そうがくの音起つて
燕尾服着初めの記 (新字旧仮名) / 徳冨蘆花(著)