“掠賊”の読み方と例文
読み方割合
ものとり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
子沢山で、不作つづき、税金はい、軍人、掠賊、お役人、旦那衆、皆より集ってあの木偶の棒みたいな男ひとりを苦しませているのである。
故郷 (新字新仮名) / 魯迅(著)