“掠治”の読み方と例文
読み方割合
たゞす100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
古昔文帝の中書學生に盧度世と云者あり崔浩の事に坐し亡命高陽の鄲羆の家に竄る官吏の子をて之を掠治其子をめて曰君子は身を殺て
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)