“掠屋”の読み方と例文
読み方割合
りゃくや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
掠屋が——商業往来にもない、妙な新手のものが、階級戦士ぶってやって来ていうには
九条武子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
掠屋にもおかしさもあったが、武子さんの晩年の救済事業が、なんとなくえてきた心境を感じさせていたので、人をるいとまもなく、聞こうとしたものがあったのだと思わせられた。
九条武子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)