“刺又”の読み方と例文
読み方割合
さすまた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
には銀の頸飾をかけて、手に一本の刺又をかまえて一(西瓜を食いに来るという獣、空想上の獣で、猹の字は作者の造字)
故郷 (新字新仮名) / 魯迅(著)
忽ち、濠の水面へ、分銅繩が飛ぶ、刺又がさぐる。そうして、組み合ったままの二つの人体を、陸へ引揚げました。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
論争の刺又をもつてゐる。