殿さまの茶わんとのさまのちゃわん
昔、ある国に有名な陶器師がありました。代々陶器を焼いて、その家の品といえば、遠い他国にまで名が響いていたのであります。代々の主人は、山から出る土を吟味いたしました。また、いい絵かきを雇いました。また、たくさんの職人を雇いました。 花びんや、 …
作品に特徴的な語句
有名ゅうめい うえ 不便ふべん なか 主人しゅじん 今日きょう 代々だいだい れい そな はい 参上さんじょう めい ひん 善悪ぜんあく こく たい 店頭てんとう つよ しん 心得こころえ あたら ひま 殿との 生活せいかつ せい くる たっと かる 陶器とうき おと ひび あたま 顔色かおいろ 上手じょうず 上等じょうとう 不意ふい 世辞せじ 世間せけん こと 人間にんげん 今度こんど 他国たこく 使つか 使用しよう しん おれ 光栄こうえい 全部ぜんぶ 内心ないしん 出向でむ まえ あつ 厚手あつで おさ くち 名人めいじん 名誉めいよ 吟味ぎんみ 命令めいれい しな 品物しなもの 問題もんだい よろこ くに つち 土産みやげ 地方ちほう ゆめ たてまつ しょう 姓家しょうや 子細しさい 季節きせつ 安心あんしん 安物やすもの うち 家来けらい 宿やど 宿屋やどや