“厚手”の読み方と例文
読み方割合
あつで100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
陶器師は、って御殿がりました。それから、その有名陶器師は、厚手わんを普通職人になったということです。
殿さまの茶わん (新字新仮名) / 小川未明(著)
こういいたげにやや厚手の、それでいて醜くない立派な口、金持ちの証拠に耳たぶが厚く、詩人的気禀があるからであろう、額が広く光がある。
剣侠受難 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「すべて陶器は、い、薄手のをびます。わんのい、厚手のは、まことにのないものでございます。」と、役人はおえしました。
殿さまの茶わん (新字新仮名) / 小川未明(著)